ボディショップのオンラインショップはこちらから!



ボディショップは、世界に古くから伝わる、自然のハーブや木の実などを使ってスキンケアをする、という知恵に着目し、天然原料を使ったボディケア、メイク、フレグランス、ヘアケア、スキンケアなどの製品を紹介している。

シンプルなパッケージが特徴。 1976年にイギリスの女性アニータ・ロディックがブライトンに1号店を創業。現在、世界約54ヶ国を超える国と地域で、2,000店舗を超える。

2008年スプリング商品「ザ・ボディショップサクラ」は日本が持つ気品・美しさの象徴である桜の「美」の世界観を、香りで表現し、誕生した。

「ザ・ボディショップ サクラ オードトワレ」
桜のロマンティックで気高い印象をボトルに閉じ込めたトワレ。 トップノートは、フジリンゴ、木蓮、木犀の甘くやわらかな香り。 ミドルノートは、スタージャスミン、桜、柿の優しさと品格を兼ね備えた香り。 そして、ラストノートは白檀、ヒノキ、フルーティムスクの落ち着きと静けさの香り。 女性なら、誰しもが欲しくなる魅惑のトワレだ。

「ザ・ボディショップ サクラ バス&シャワージェル」
桜をイメージした香りのボディシャンプーだ。 スキンコンディショニング成分の桜エキスとオーガニックハニー配合で肌をやわらかく洗ってくれる。

「ザ・ボディショップ サクラ ピューレボディローション」
サクラエキスとオリーブオイル配合の全身用モイスチャライザー。オリーブオイルがオーガニック製品であるのがうれしい。 桜をイメージした香りのローションだ。

「ザ・ボディショップ サクラ ボディバター」
保湿成分の桜エキスやソヤオイル、オリーブオイルが配合されている全身用、モイスチャーライザー。乾燥した部分に塗ると効果的だ。

「ザ・ボディショップ サクラ リードディフューザー」
木製のスティックから、桜の香りが部屋に広がるアロマディフューザー。 桜の香りが漂うボディショップの保湿ケア商品は、注目のスキンケア商品だ

2008年03月26日

ボディバター

化粧品総合クチコミサイト「アットコスメ(@コスメ)」で3年連続部門1位を受賞したボディショップの「ボディバター」。
ボディショップの顔ともいえる商品だバターを体に?はじめはピンとこないかもしれない。
しかし、3年連続1位を取った商品だけあって、それだけ評価されるポイントがある。

このボディバターは原料をアフリカから仕入れている。
ボディバターにはシアバター、ココアバターが含まれているようだ。
ボディショップの創業者アニータがガーナを訪れた時に出会ったのがこのバターらしい。
乾燥したアフリカの女性たちの肌がうるおっているのは、このバター(クリーム)の成分にあることが分かり、さっそく商品に取り入れてみたそうだ。


香りのバリエーションも豊富。
マンゴー、ストロベリーをはじめ、パパイア、パッションフルーツなのでトロピカル系、ココアバター、シアバター、ココナッツなでのナッツ系など全部で9種類の香りが用意されている。
これなら、いろんなシーンに合わせて使い分けができる。
数量限定だが、オンラインショップ限定の「アーモンド」もある。
通常のショップでは購入できないので要注目だ。


使用している人たちの感想も軒並み高評価だ。
毎日のお風呂上りに塗り、その心地よい香りに包まれて眠るのを日課にしている女性もいる。
小さな子供にもぴったりで親子揃って幸せな時間を過ごしている主婦もいるようだ。
しっとりするのにべたべたしないところが気に入っているリピーターもたくさんいる。
かわいいパッケージも人気が高い。
もちろん、女性だけではなく、男性や子供たちにも満足して使われているところもポイントが高い。
posted by BODYショップの達人 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品・アイテム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13146892

この記事へのトラックバック