ボディショップのオンラインショップはこちらから!



ボディショップは、世界に古くから伝わる、自然のハーブや木の実などを使ってスキンケアをする、という知恵に着目し、天然原料を使ったボディケア、メイク、フレグランス、ヘアケア、スキンケアなどの製品を紹介している。

シンプルなパッケージが特徴。 1976年にイギリスの女性アニータ・ロディックがブライトンに1号店を創業。現在、世界約54ヶ国を超える国と地域で、2,000店舗を超える。

2008年スプリング商品「ザ・ボディショップサクラ」は日本が持つ気品・美しさの象徴である桜の「美」の世界観を、香りで表現し、誕生した。

「ザ・ボディショップ サクラ オードトワレ」
桜のロマンティックで気高い印象をボトルに閉じ込めたトワレ。 トップノートは、フジリンゴ、木蓮、木犀の甘くやわらかな香り。 ミドルノートは、スタージャスミン、桜、柿の優しさと品格を兼ね備えた香り。 そして、ラストノートは白檀、ヒノキ、フルーティムスクの落ち着きと静けさの香り。 女性なら、誰しもが欲しくなる魅惑のトワレだ。

「ザ・ボディショップ サクラ バス&シャワージェル」
桜をイメージした香りのボディシャンプーだ。 スキンコンディショニング成分の桜エキスとオーガニックハニー配合で肌をやわらかく洗ってくれる。

「ザ・ボディショップ サクラ ピューレボディローション」
サクラエキスとオリーブオイル配合の全身用モイスチャライザー。オリーブオイルがオーガニック製品であるのがうれしい。 桜をイメージした香りのローションだ。

「ザ・ボディショップ サクラ ボディバター」
保湿成分の桜エキスやソヤオイル、オリーブオイルが配合されている全身用、モイスチャーライザー。乾燥した部分に塗ると効果的だ。

「ザ・ボディショップ サクラ リードディフューザー」
木製のスティックから、桜の香りが部屋に広がるアロマディフューザー。 桜の香りが漂うボディショップの保湿ケア商品は、注目のスキンケア商品だ

2008年03月26日

ボディショップのコミュニティトレード

コミュニティトレードは、1988年にイギリスのボディショップの創業者であるアニータ・ロディックが、アマゾン流域の森林破壊のために、生活が難しくなっている先住民カヤポ族に出会ったことからはじまった。アニータ・ロディックは彼らをなんとか支援しようと彼らのコミュニティを対等なビジネスパートナーとして、原材料の取引をした。コミュニティトレードとは、「援助ではなく取引を!」とコンセプトにした、ザ・ボディショップの独自プログラムのことだ。

コミュニティトレードは支援を必要としているコミュニティを短期的に援助するのではなく、持続性ある取引関係を築き、長期的なサポートをするために生まれた。社会的、経済的に恵まれない生産者から、直接原料やアクセサリーを公正な価格で取引することで、生産者やそこに住む人々の雇用、医療、教育を充実させ、文化や伝統を守りながら生活できるようにしている。

世界の5人に1人、約12億人は、1日1ドル(約110円)未満で生活しなければいけないのが現在の状況だ。そして、毎日3万人もの人々が餓死、疾患、栄養不良が原因でなくなっている。そのなかの四分の三は5歳以下の子供たりだ。また、貧困のため、1億1500万人の子供たちが小学校に通えていない。

教育が情報が不足しているため、農薬や化学肥料を乱用し、環境を招く事態もおきている。このような状況を変えるためにコミュニティトレードが担う役割は大きい。

ボディショップの商品をひとつ購入するだけで、国際協力へとつながる。


コミュニティトレードについて記載しているブログを見つけたので紹介しておく。

コミュニティトレードってなんだ? | greenz.jp グリーンズ

戯言&子育て日記: ボディショップよどこへ行く
posted by BODYショップの達人 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディショップについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13146869

この記事へのトラックバック