ボディショップのオンラインショップはこちらから!



ボディショップは、世界に古くから伝わる、自然のハーブや木の実などを使ってスキンケアをする、という知恵に着目し、天然原料を使ったボディケア、メイク、フレグランス、ヘアケア、スキンケアなどの製品を紹介している。

シンプルなパッケージが特徴。 1976年にイギリスの女性アニータ・ロディックがブライトンに1号店を創業。現在、世界約54ヶ国を超える国と地域で、2,000店舗を超える。

2008年スプリング商品「ザ・ボディショップサクラ」は日本が持つ気品・美しさの象徴である桜の「美」の世界観を、香りで表現し、誕生した。

「ザ・ボディショップ サクラ オードトワレ」
桜のロマンティックで気高い印象をボトルに閉じ込めたトワレ。 トップノートは、フジリンゴ、木蓮、木犀の甘くやわらかな香り。 ミドルノートは、スタージャスミン、桜、柿の優しさと品格を兼ね備えた香り。 そして、ラストノートは白檀、ヒノキ、フルーティムスクの落ち着きと静けさの香り。 女性なら、誰しもが欲しくなる魅惑のトワレだ。

「ザ・ボディショップ サクラ バス&シャワージェル」
桜をイメージした香りのボディシャンプーだ。 スキンコンディショニング成分の桜エキスとオーガニックハニー配合で肌をやわらかく洗ってくれる。

「ザ・ボディショップ サクラ ピューレボディローション」
サクラエキスとオリーブオイル配合の全身用モイスチャライザー。オリーブオイルがオーガニック製品であるのがうれしい。 桜をイメージした香りのローションだ。

「ザ・ボディショップ サクラ ボディバター」
保湿成分の桜エキスやソヤオイル、オリーブオイルが配合されている全身用、モイスチャーライザー。乾燥した部分に塗ると効果的だ。

「ザ・ボディショップ サクラ リードディフューザー」
木製のスティックから、桜の香りが部屋に広がるアロマディフューザー。 桜の香りが漂うボディショップの保湿ケア商品は、注目のスキンケア商品だ

2010年02月03日

ボディショップの哲学

自然派化粧品、自然派ボディ石鹸で若い人にも人気な「ボディショップ」。

人気の理由は、肌への安心感やナチュラルな香りなどさまざまなのですが、やはりそのポイントは自然派なのに「おしゃれでかっこいい!」ということです。

銀座や青山といった美への認識度が高いシチュエーションに店舗があること。そのショップにいるだけで美の最先端な空間にいるような気分になります。
続きを読む
posted by BODYショップの達人 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディショップについて